GMAT数学についてこんな悩みはありませんか?

  • 私立文系出身or帰国子女、数学は長い間使っていないので、不安だ
  • 難易度は中学〜高校レベルと聞くが、どこから復習すべきかわからない
  • 英語でやるよりも、まず試験範囲を網羅的日本語で学習したい
  • TOEFL、Verbal、エッセイ、これ以上塾に通いたくない
  • オフィシャルガイドを見たが、数学がハードルが高いと感じる
  • 1問1問質問に答えてくれる先生が欲しい
  • 大手やマス○○の問題内容が古いと聞いた、現状に不安がある
  • いくつもの本を買うのは大変、まとめて勉強したい
  • Mathを上げておけばよかったと後悔する気がする

GMAT数学オンライン予備校ジェイマスが解決!

  • 講師Jは、東大数学大学院&トップMBA卒。GMAT数学は全問正解51点満点連続獲得中
  • 「GMAT完全攻略」は難易度・範囲ともに最も網羅的と高評価。昨年全受験生の約半数が利用
  • 不明点はメールで何度でも質問可。24時間以内に回答が届く
  • 大手予備校の1/3-1/4の金額で、数学家庭教師が手に入る

 

ジェイマスは、日本の指導要綱に沿った参考書を使い、受験生が数学を学んだ過去の知識を呼び起こしつつ、効率よく高得点を取ることを目的としています。

「数学は独学」の方はもちろん、「他の方法でスコアが出なかった方」もぜひ。

まず『GMAT数学完全攻略』で、試験範囲を例題・基本問題・応用問題を解きながら、各解法パターンを学習してもらいます。ここで、しっかり解法の引き出しを頭に作ります。次に、GMAC社のOfficial Guide等を活用して類題トレーニング(解法を自由に頭から取り出す訓練)をします。

学習中、不明点はJに無制限に質問できます。ただ答えを聞くのではなく、「〇〇まで考えられたけれども自分の考えは何が足りないのか?」という質問を繰り返していくことで、確実に数学力が上がっていきます。ジェイマス書籍購入の場合、他社の不明点、または、漠然とした学習相談にも乗っています。

帰国子女で、数学に不安のある方でも、3週間程度で 『GMAT数学完全攻略』 を終え、40点→48点と点数を上げられています。ただ、48点でも1/3程度は間違えており、これで十分とは言えません。ここから50点、51点と上げていくためには、 『ジェイマスGMAT数学 OG日本語解説』シリーズを活用しての類題トレーニングがキーになります。ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

 

 

受験生からのコメント(2019年) 

※本サイトではAmazonより安価で購入できます

  • 日本語での解説がついて、全ての範囲を基礎から応用までカバーできる良書です。もっと早く出会っていれば、こんなに苦労しなかったと思います。OGだけで戸惑っている方は、まずこちらから勉強するのをオススメします。

  • 私大文系で数学とはほぼ無縁の生活を送ってきたため、GMATの数学対策として購入した。包括的だがGMATに必要と思われる事項のみを抽出した非常に効率的な参考書といえるのではないだろうか。金額だけ見ると「高いかな」と一瞬躊躇したが、著者に直接メールで質問でき解説をしてもらえるということで購入に踏み切った。実際、丁寧な解説を迅速に頂けているので満足している。各項目に練習問題がいくつか載せられているが最低限の量なので、別途問題集を買う必要はあるだろう。
  • GMATMATHを予備校で通うのはもったいない。
    でも、なんか不安、スコアがでなかったらどうしよう・・・。

    今年MBAを受験する身で真剣に悩んで買った本です。
    他のMBA受験生の仲間と話し、買ってみてよ。よかった俺らも買うわと人身御供的に購入しました。

    使ってみると、『GMATをMATHを研究した日本人の数学塾講師が、テキスト作るとこうなります』という内容です。
    Verbalもそうですが、GMATは外人が外人をひっかける為に考案したテストです。
    つまり、正攻法で立ち向かうと幾重にも張り巡らされた罠に引っかかります。

    罠に引っかからないように、数学をお手軽で解きましょうということを追求した本です。
    筆者の方は東大の数学課卒かつGMATMATH満点かつMBAホルダーということで、
    GMATMATHの申し子みたいな人です。

    たった3万でMATH対策が完了するなら安いものだと思います。
    この本に人生をかけようと思います。(Amazonレビューより 『GMAT数学完全攻略』購入の 松葉さん)

受験生からのコメント(2018年)

  • 基礎から網羅的に確認できるので、苦手分野を再発見できました。ポイントが明確で解説も分かりやすいと思います。質問への対応や勉強方法についてもアドハイスを頂けるので良いと思います。(Amazonレビューより 『GMAT数学完全攻略』購入のYさん)

  • GWからGMATの勉強を始めようと思い、学習方法を探していた時にネットで著者の公式HPを見つけました。聞いたことがないし、高いので最初は躊躇しましたが、ダウンロードしたサンプルがかなりわかりやすかったので購入してみました。この手の本は、マスアカしか知りませんでしたが、マスアカは何年も改訂されていない為、問題が単純で現在のGMATにはそぐわないと聞きました。一方こちらは、簡単な問題から難易度の高い問題まであり、かつ、網羅的に解説されているため、GMAT数学の学習の最初のステップとして最適だと思いました。わかりにくいところは、著者にメールで質問すると、翌日にはさらに詳しい解説をPDFで送ってくれるので、予備校に通わなくても学習を進めることができそうです。丁寧に個別指導してくれることを鑑みると、値段もそれほど高くない気がします。今後のGMAT数学対策のマストバイ参考書になるのではないでしょうか。お勧めです。(Amazonレビューより『GMAT数学完全攻略』購入のYKさん)
  • MBA受験のため購入。結論から言うと、広範囲が網羅されており、GMAT学習を始めるにあたり過去の知識を呼び起こす為には有効な参考書である。 購入を検討されている方の参考までに: <購入者のバックグラウンド>
    国立大理系(工学部)卒、ただし数学は数Ⅲで挫折したため入試の二次試験では数学のテスト時間を睡眠不足解消に利用。センターについては問題ないレベルだが、数学センスは無い。
    英語については過去数年間海外在住で生活・仕事含めほぼ英語のため、苦手意識は無い(IELTS7.5/TOEIC905)。大学教育まで日本で受けているため、数学英語の知識は皆無。 <GMAT勉強履歴及び本書を選んだ理由>
    本書を購入した時点で学習開始後約3週間。某予備校が出している参考書を一通り解いてみた所、Vに比べQの出来が悪くショックを受けた。
    原因としては
    ・数学英語のボキャブラリーが頭に入っていない
    ・英語で書かれた数学の問題を解いたことが無いため、言い回し等含め日本語で書かれれば分かる問題を間違える
    ・基礎的な数学(算数)知識が忘却の彼方で公式等を覚えて無いと回答できない問題を間違える(力技で解ける問題は何とかなるが、図形問題等が厳しい) 以上の理由から、日本語で書かれていて、問題集というよりは公式等を網羅的に説明する参考書、さらに海外在住で配送に時間がかかることを考えて電子書籍対応、という観点で探した結果この参考書にたどり着いた。 <学習を終えての感想> 数学の知識のおさらい及び苦手分野の洗い出しが目的のため、あまり深く読み込むことをせずに週末を入れて10日ほどで完了した。
    出題範囲を一通りやることで自分の弱点(分野・問題形式)が明らかになり、今後の学習計画を立てるにあたり参考になった。
    やはり日本語で書かれていると、とっかかり易く理解度も格段に上がる。説明も簡潔で分かり易い。 評価を4/5とした理由は、たまに筆者の数学センスの高さが伺える回答解説(数学が苦手な人からするともう少し噛み砕いてほしい所)があるため。ただし不明点は筆者に直接メール問い合わせができ、直ぐに追加の解説をしてもらえる。(この点は他の参考書に無い最大のメリットだと思う。)(Amazonレビューより『GMAT数学完全攻略』購入のKindleのお客様さん)  

  • GMATを日本語で学ぶには、これまで、マスアカもしくは、MBA予備校のコースしか選択肢が無かったですが、本作者のホームページからダウンロードしたサンプルを見て、内容がしっかりしていたので思い切って購入しました。英単語集、各論の解説、問題集と続く構成はマスアカと似ていますが、マスアカよりもはるかに分かりやすく、網羅的で、何よりも難易度の高い問題まで含まれているので、この1冊をやりこめば十分実力が付くと思います。GMATは高校数学の復習が必要と言われますが、過去に学んだ知識を復習しているため、理解も早いように感じます。何よりも、分からないところを著者にメールで質問すると、翌日には解説PDFを作って送ってくれるので非常に助かります。勉強方法の相談にも乗ってくれます。一瞬高いと思いましたが、予備校のオンライン数学講座がこの何倍もの金額をとることを鑑みるとそんなに高くないと思いなおしました。これからGMATを勉強する受験生にお勧めできます。(Amazonレビューより『GMAT数学完全攻略』購入のあきまるさん)

  • オフィシャル本を購入して取り組むものの、解説が簡易的すぎてわからず何となくで済ませており、もっと詳細な解説があるテキストを探していました。日本語でGMATを学ぶには従来、マスアカもしくは、MBA予備校のコースしか選択肢が無かったですが、ネットで本作者のホームページを発見して、思い切って購入しました。
    GMATは高校数学の復習が必要と言われますが、忙しい社会人にとっては、MBAを目指すために割り切って点数を獲得出来ればと思ってました(しかも出来ればお安く!)。その点、東大数学科の修了生が、公式本の問題の解法をわかりやすく日本語で解説している本書は、素晴らしいと思いました。ネイティブでトップMBAを目指す学習者も最終的に公式本を繰り返して解いて学習していることを考えると、本テキストは今後の日本人MBA志願者のマストバイではないでしょうか。最短ルートでGMATの学習を済ませられるためのテキストと考えると、本書は非常にコストパフォーマンスに優れているのではないかと思いました!おすすめです!(Amazonレビューより [GMAT数学オフィシャルガイド日本語解説]シリーズOG2018対応版購入のカスタマーAmazonさん)

  • GMATの勉強を始めるために購入しました。文系かつ数学が苦手なためまずは日本語での解説が付いているものが良いと思いました。ホームページにも記載がありますが、日本人の指導要綱に沿っているとのことで、解説も分かりやすく丁寧に記載されているので、数学・英語な苦手な方にはかなりオススメです!数学が苦手な方でいきなり英語での問題では挫折する可能性が高く、そう言った心配がある方でもこれを使えば継続して勉強を続けることができると思います。(Amazonレビューより [GMAT数学オフィシャルガイド日本語解説]シリーズOG2018対応版購入のnashiyoshiさん)

  • 数学にかける時間が惜しい、ということで予備校を探していましたがどこもなかなかいいお値段がする、かつ通学は時間がとられるということで何を選択しようか迷っていました。そんな中出会ったこの一冊でした。平易な日本語で書いてあり、数学に関する英単語でまず面食らうGMATにおいては安心して学習ができる一冊と言えます。 またお値段も良心的で、全国の予備校を見てもこんなにリーズナブルな所は間違いなくないと思います。講師の方には本当に感謝いたします。おすすめです。(Amazonレビューより [GMAT数学オフィシャルガイド日本語解説]シリーズQR2018対応版購入のAmazon カスタマーさん)

  • GMATのMath対策と言えば「マスアカ」が受験生のバイブルですが、数学のバックグラウンドがない人(私立文系の大学出身者など)においては、
    マスアカだけでは目標点(49〜51点)に到達するのは難しいと思います。 そこで、公式ガイドで問題演習を重ねることで理解度を深め、回答速度・精度向上を目指すのが一般的ですが、公式ガイドの解説は非常にわかりにくいため、元々数学知識が不足している受験生にとっては理解できないことが多々あります。   マスアカやインターネットで調べれば、解決することも多いのですが、気が付けば「1問理解するために1時間以上調べていた」といったことが頻発します。(元々の数学知識がないと、何が論点になっているかもわからないため、調べるのも一苦労です) 私は時間をお金で買うつもりで、本書のPDF版を購入し、通勤時間や会社の休憩時間にスマホで読んでいました。 非常に平易な表現とイラストを用いて解説されているので、理解が容易であり、またいちいち他の参考書やインターネットを調べる手間がなくなり、時間も大きく節約もできました。 ※私は机で勉強する時間がなかったためPDF版を購入しましたが、やはりメモを記入したいと思うことが多々あったので、落ち着いて机で勉強できる環境の方は、書き込みが可能な製本版をお勧めします。(Amazonレビューより [GMAT数学オフィシャルガイド日本語解説]シリーズOG2018対応版購入のAmazon カスタマーさん)

  • 私立文系出身で算数が苦手な私にとって、official guideの英語の解説は時に難解なこともあり、この和訳の回答・解説は非常に助かりました。また、わからないところがあれば講師の方にメールで質問させていただき、都度丁寧に迅速に回答も頂けています。GMAT受験生の中で算数が苦手な方、それも周りに算数の内容について聞ける人がなかなかいない方は特におすすめです。(Amazonレビューより [GMAT数学オフィシャルガイド日本語解説]シリーズOG2018対応版購入のKindleユーザーさん)

  • マスアカを何周も繰り返していたのですが近年のGMAT MATHはマスアカの問題よりも難しい問題が出題されることが多く、点数が伸び悩んでいた為、本書を購入しました。非常にわかりやすく、基礎力がしっかり身に付きました。また、OGの後ろの問題は本試験最高難度の問題とかなり似ています。英語での解説はチンプンカンプンでしたがジェイ先生の解説は日本語かつシンプルなので頭に入りやすかったです。文系出身でしたが最終的に40後半が取れるようになり志望校にも合格できました。(Amazonレビューより [GMAT数学オフィシャルガイド日本語解説]シリーズOG2017対応版購入のmmmkさん)

受験生からのコメント(2017年)

  • 正直最初は怪しいと思ったのですが、本のサンプルをダウンロードして、中身がしっかりしていたので、思い切って購入しました。非常に分かりやすいだけでなく、J先生に質問した時の丁寧な解説に驚きました。ジェイマスのテキストで集中して勉強したことにより、44点留まりであった点数が50点になりました。(’17 12月 Sさん)

  • J先生に分からないところを質問すると、毎回解説PDFを作って丁寧に説明していただきました。別の会社の問題集の分からないところまで教えていただいたこともあります。J先生のおかげで公式を暗記するだけでなく、数学を理解することができ、無事50点取ることができました。本当にありがとうございました。(’17 12月 Oさん)

  • 昨日は丁寧な解説をありがとうございました。今GMAT受験してきました。落ち着いて解いて自己最高の48点が取れました!前回から7点もアップできたこと、先生の解説でOGを何度も解いたおかげだと思います。本当にありがとうございます。(’17 12月 Mさん)

  • 正直オフィシャルガイドは簡単で意味がないと思っていたのですが、『完璧に解ける』状態に至ってなかったと気が付きました。解説をしっかり読むことで『必要十分条件を全て考えられる』力が徐々に身についたと実感できました。​(’17 11月 Iさん)

  • 購入したOG2018 のテキストを使って復習していたのですが、日本人がすんなり理解できる書き方をされておりとても分かりやすかったです。OGの解説は日本人が中学、高校で習った解き方とはだいぶ違うケースが多く、日本式の解説は大いに意味があると思います。​(’17 9月 Yさん)

  • 本教材をみたところ非常にわかりやすくて感動しました。​(’17 9月 Oさん)