Chicago Boothに合格されたY.W.さん

 

Chicago Boothに合格されたY.W.さんから合格レポートが届いております。

合格おめでとうございます。

 

[ Q1 ] バックグラウンドを可能な範囲で教えて下さい。

中高時代から数学は苦手科目(常に赤点)、数II Bでドロップアウトして私大法学部に行った事により高校2年時以降30歳になるまで一切数学には触れず。

 

[ Q2 ] 進学校を教えて下さい。(決まっていれば)

U of Chicago Booth Full-time MBA

 

[ Q3 ] GMAT他数学の学習として利用したテキスト及び予備校

くもんの中学基礎がため / GMAT OG / Magoosh GRE

 

[ Q4 ]具体的にどのように学習しましたか。

 

4-5月     :中学2年生の数学からやり直し (2ヶ月で計30時間)

6月        :ジェイマス GMAT数学完全攻略を3周、間違えた問題は出来るまでやり直し (60時間)

7月        :ジェイマス GMAT OG2020徹底解説を副読本としてOGをひたすら解く(40時間)

8月頭    :GMAT Official Practice examを解くが47点しか取れず。但し、時間を掛ければ全問正解できるレベルまでには改善。→J先生に推薦されたAffinity 飯島先生との相談結果、GREに転向

8-10月  :Magoosh GREをひたすら解く(70時間)

11月  :GREで169点獲得

 

[ Q5 ] 最終スコア

GRE Q:169 (GMAT Q 52 相当)

 

[ Q6 ] ジェイマスの良かった点

①解説の分かりやすさ       :この解説で中高時代勉強したかったです・・・

②問題の網羅性    :発展として色々な教材に手を出しましたが、全てはジェイマスで学習した事の応用です。

③J先生の手厚いサポート:個々の質問への迅速・丁寧な回答やその他学習アドバイスは大変勉強になりました。振り返ってみると6−7月で40回程度メールをやり取りしていたようです。。

 

[ Q7 ] ジェイマスの将来の受験生に向けたメッセージをお願いします。

文字通りどれだけ数学・算数が苦手な人間でもジェイマスをベースに数百時間(半年程度)勉強すればTop MBA校に受かるだけの学力はつきます。自分の場合はGREに転向しましたが、GMATもあと1-2ヶ月掛ければ必要な点数取れたかもしれません。全体戦略としてRC/CRが得意だった自分の強みを活かせるGREに転向しましたのでこればかりは分かりませんが。

最後に

 

ジェイマスでは、新規生徒を常時募集しております。

次の合格を勝ち取りたいみなさま、ぜひ画面右側に名前を登録して、サンプル入手から体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です