EAの試験にジェイマスを活用されたRAさん

EAの試験にジェイマスを活用されたRAさんから、合格レポートが届いております。

RAさん、おめでとうございます。

[ Q1 ] バックグラウンドを可能な範囲で教えて下さい。

高校まで理系のクラスでしたが、大学は私大文系学部。(数学はセンター試験まで受験)

会社は広告代理店で、数学も英語も一切使わずに業務を行っていました。

英語、数学の試験を受けるのは大学受験以来約20年ぶりでした。

 

[ Q2 ] 進学校を教えて下さい。(決まっていれば)

London Business School Sloan Masters in Leadership and Strategy

 

[ Q3 ] GMAT他数学の学習として利用したテキスト及び予備校

濱口塾のMATH Online講座

マスアカ(一周してイマイチだったのでやめました)

 

[ Q4 ]具体的にどのように学習しましたか。

 

高校時代、数学は割と得意科目でした。センター試験でも恐らく満点近かったと思います。ただ、受験に取り組むのは20年ぶりで、基本的なところからやろうと思い、訳も分からず有名だったマスアカを購入。2ヶ月程度かけて1周やって間違えたところ、分からなかったところを解きなおしました。その後初めてGMATを受験し、なんとMATHが30点台でした。。。時間も全然足りず、かつ解いたつもり、分かっていたつもりになっていたと思い、もう一周やろうか迷いましたが、とにかくより解説が詳しく丁寧な教材で取り組もうと思い、藁にもすがる思いでJマスを始めました。大体1ヶ月集中して取り組み、分からなかったこと、解けたけど理解がまだ浅いと感じた問題はJ先生に速攻メール。早く、そしてとても丁寧に解説をしてくれたので本当に助かりました。私の受験校がSloan校だったこともあり、Exective assessment で良かったので、Exective Assessment Prepを購入しときました。大体、ほぼ満点が出るようになったので、受験。MATHは20点中14点(恐らく3問程度間違え)。その後、第一希望の学校に不合格となり、EAを再受験。再受験する前に、間違えた問題を自分でJマスの解説を暗記するつもりでもう一周しました。再受験は20点中16点(恐らく2問間違え)。Jマスはトータル3周、間違えた問題は解説が浮かぶくらいにやり直しました。結果、MATHの勉強はJマスを中心に行い、Prepで練習、弱いなと思った分野を濱口塾の分野別問題で重点的に解く。ということを繰り返しました。

 

[ Q5 ] 最終スコア

EA 154点 IR 9, V 9, Math 16

 

[ Q6 ] ジェイマスの良かった点

とにかく解説が丁寧で分かりやすい。日本の学校の教え方に沿って解説されているので、大体、解説を読めば昔を思い出したりもでき、定着している実感がありました。また、メールの返信も早く簡潔に丁寧に教えてくれるので、とても助かりました。

 

[ Q7 ] ジェイマスの将来の受験生に向けたメッセージをお願いします。

私は元々英語がそれほど得意な方ではありませんでしたし、点数も誇れるものでもありません。私の受験生活はとにかく熾烈なものでした。不安やあきらめの気持ちも毎日出てきました。でも、最後まであきらめない人が受かる。と、当たり前の話なのですが、とにかく粘って粘って頑張ってください。MATHに関しては、元々文系の方でも時間がかかることは覚悟して、きちんと勉強すれば結果はついてきます。あきらめずに頑張ってください。

最後に

 

ジェイマスでは、新規生徒を常時募集しております。

次の合格を勝ち取りたいみなさま、ぜひ画面右側に名前を登録して、サンプル入手から体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です