Tasuku ItoさんによるGRE数学169点獲得レポート

GRE数学で169点を獲得したTasuku Itoさんから、勉強方法について詳細なレポートが届いています。これから受験される方の参考になりますので、ぜひご覧くださいませ。

Itoさん、おめでとうございます!

 

[ Q1 ] バックグラウンドを可能な範囲で教えて下さい。

2011年3月:慶應義塾大学経済学部卒業

2011年6月:アクセンチュア株式会社入社

2016年3月:フロスト&サリバンジャパン株式会社入社

2019年11月:OYO HOTELS合同会社入社

2021年9月:某外資系企業の日本法人社長に就任予定

 

[ Q2 ] 進学校を教えて下さい。(決まっていれば)

NA

 

[ Q3 ] GMAT他数学の学習として利用したテキスト及び予備校

  • 小5計算練習800題
  • The Official Guide to the GRE General Test
  • Official GRE Quantitative Reasoning Practice Questions

 

[ Q4 ]具体的にどのように学習しましたか。(〇ヶ月で△周繰り返した。ジェイマス以外には

ジェイマス GRE数学完全攻略

3ヶ月で3.5周ほどしました。

ジェイマスはまず1ヶ月程度かけて1周しました。このときはあまりじっくりやるというよりは、「わからないところがあってもいいか」というノリでまず終わらせることを意識しました。その後3週間程度かけて2周目を実施しました。2周目でもわからないところについては別途ワードファイルに問題と答えをスクショしました。3周目はわからなかったところのみ実施して、ここでもわからなかったところに関しては徹底的に解説を読み込み、ストレスなく解けるようにしました。これはだいたい1-2週間だったように思います。最後に4周目をやっている途中でGRE受験タイミングとなりました。

OG

ジェイマスを始める前からOGはやり込んでいました。最終的には5周ほどやったように思います。ジェイマスを3周した後に再度模擬テストを実施しましたが、ほぼ満点が取れるようになっていました。

 

小5計算練習800

アフィニティの飯島先生におすすめされ、3ヶ月で3周ほどやり込みました。毎日まずこれを1ページやることから勉強を始めていました。そこで1ページ/8問すべて正答であればVerbalやジェイマスに移行しますが、1問でも間違えたら次のページもやる、というルールを自らに課していました。結構きつかったですが、基礎的な計算力やスピードが向上し、ストレスなくGRE問題が解けるようになりました。

 

全体の勉強ストーリーについては以下のnoteにまとめていますので、良ければご覧いただけると幸いです!

やっとGREで320点(GMAT換算680点)を取れたので、やったことをまとめてみる

 

[ Q5 ] 最終スコア

Verbal151点(GMAT換算28点) / Math169点(GMAT換算52点) / Total320点(GMAT換算680点) / Analytical Writing4.0

 

[ Q6 ] ジェイマスの良かった点

何よりも解説の圧倒的な詳しさ、「なんでそうなるの?」というところがきっちりと書かれていることが大変素晴らしいポイントでした。また、問題の難易度も非常に良かったです。GREで簡単とされる難易度は確認問題パートでカバーされており、GREで通常-難し目の問題は基礎問題パートでカバーされています。GRE本番で1-2問出るか出ないかの難し目の問題も応用問題パートでカバーされており、自信をもって本番に臨むことができます。結果、170点満点中169点という非常に良いスコアを獲得することができました。

 

解説が非常に素晴らしく、ほぼ自身で納得できるのですが、万が一「なんでこうなるの?」となったときもJ先生に24時間以内に丁寧に回答いただけるので大変安心しました。自身のペースで時間があるときにガンガン進めていくこともでき、非常に素晴らしいコンテンツでした。変に予備校に通うよりも、ジェイマスを3-4周やり込むほうがスムーズに準備が完了できます。「テキスト」と考えると少し高いように思えますが、「サポートもついており、かつGREの内容をほぼすべてカバーできる講座」ととらえると非常にリーズナブルなサービスだと思っています。

 

[ Q7 ] ジェイマスの将来の受験生に向けたメッセージをお願いします。

GREのMathは「簡単」と言われますが、想像以上に実力が問われる厳しいテストです。通常の日本人の受験生はVerbalは150前半が目標スコアになってしまう以上、GREでは160後半、できれば満点を狙いたいですが、その場合はかなりの計算スピードとクオリティ、解き方を頭の中に叩き込んでおく必要があります。ぼくはOGの問題を何問か見て「なんだ、これならいけそうじゃん」と舐めてかかってしまったのですが、それは本当に手痛い失敗でした。GRE Mathを舐めてはいけません。計算力、中学-高校レベルの数学の基礎ロジック、メンタルコントロールなどすべてが問われる試験です。ぜひジェイマスと小5練習問題をやり込んで真の実力をつけ、高得点を取っていただければと思います!ジェイマス/小5練習問題/OGの3冊を3-4周ほどこなし、POWERPREPで160後半が出るようになればもうそれでOKと個人的には思いますので、ジェイマスを信じて迷わず勉強を進めていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です